ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 12月 > 軽量で耐久性に優れる新しい横断歩道橋の床版技術を募集します 〜補修・補強への新材料・新工法の活用に向けて〜

記者発表資料

2019年12月11日

  • 軽量で耐久性に優れる新しい横断歩道橋の床版技術を募集します 〜補修・補強への新材料・新工法の活用に向けて〜

    国土交通省 道路局 国道・技術課
    関東地方整備局 道路部道路管理課

     国土交通省では、法令に基づく定期点検を平成30年度で一巡し、横断歩道橋を含む道路構造物の老朽化の状態を把握してきたところです。
     横断歩道橋については、床版の劣化が進行し、腐食片の落下など、第三者被害につながる可能性がある損傷も確認されており、早急に適切な措置を行う必要があります。
     このため、今後の維持管理も含めた適切な補修方法に向け、「横断歩道橋リニューアル検討委員会(関東地方整備局に設置)」において検討を進めています。今般、その検討状況を踏まえ、補修コストの低減や今後の維持管理の省力化に資する、新しい材料を想定した床版技術を公募します。

    1.公募期間
     令和元年12月11日(水)〜令和2年1月14日(火)

    2.床版技術に求める主なリクワイアメント
     (1)腐食しない又は腐食しにくい高耐久性を有する床版
     (2)従来の床版よりも軽量な床版
     (3)従来の床版よりも安価に施工・維持管理できる床版
    ※詳細は公募要領を参照

    3.今後の予定
     応募いただいた技術については、適用性を評価し比較検討の上、来年度より横断歩道橋の補修・補強に適用していく予定です。

    4.その他
     横断歩道橋の損傷事例:本文資料(PDF)参考資料参照

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369