ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 5月 > 第2回 関東7水系「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた協議の場」(書面開催)を実施し、関係者間で治水協定の締結について合意をしました。

記者発表資料

2020年05月29日

  • 第2回 関東7水系「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた協議の場」(書面開催)を実施し、関係者間で治水協定の締結について合意をしました。

    関東地方整備局
    河川部

     国土交通省関東地方整備局では、「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた基本方針」(令和元年12月12日 既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議)に基づき、7水系で協議の場を設置しています。
     今般、水系毎の協議の場を書面開催で実施し、関係者間で治水協定の締結について合意をしました。
     対象水系は、荒川、利根川、那珂川、久慈川、多摩川、相模川、富士川の7水系です。

      記

    1.開催日
     令和2年5月27日(水)
     ※コロナウイルス拡大防止のため、書面開催。
    2.開催方法
     書面開催
    3.参加者
     河川管理者、ダム管理者、関係利水者等
    4.議事内容
     ・治水協定締結についての合意 等
    5.その他
     「既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議」については、首相官邸ホームページ
     (https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kisondam_kouzuichousetsu/)
     から検索できます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369