ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 4月 > 利根川上流域の少雪に伴う水利用への影響に備え、水の安定供給のための渇水対応行動計画を拡充・強化

記者発表資料

2020年04月14日

  • 利根川上流域の少雪に伴う水利用への影響に備え、水の安定供給のための渇水対応行動計画を拡充・強化

    関東地方整備局
    河川部

     東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が来年夏に延期されることになりましたが、首都圏に水を安定的に供給することは、引き続き重要です。
     今冬は、記録的な暖冬・少雪であることを踏まえ、水の安定供給のための渇水対応行動計画の「体制」、「対策」を拡充・強化し、渇水への備えに万全を期すため、第3回東京2020オリンピック・パラリンピック渇水対策協議会を令和2年4月13日に開催しました。
     その結果、首都圏水資源統合運用本部の設置、渡良瀬貯水池等の弾力的管理の追加、武蔵水路等の新たな運用などを本行動計画に位置づけることにしました。
     今後は、引き続き関係機関が連携・協力し、新たな項目も含め、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて渇水に備えた対応を実施していきます。

     ※今回の協議会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、持ち回り開催(書面による議事)とさせていただきました。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369