ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 12月 > 横浜港本牧ふ頭に過去最大の超大型船が初入港しました!

記者発表資料

2021年12月03日

  • 横浜港本牧ふ頭に過去最大の超大型船が初入港しました!

    関東地方整備局
    横浜市港湾局
    横浜川崎国際港湾株式会社

     本日、CMA CGM社(フランス)のコンテナ船「APL Esplanade(エーピーエル エスプラネイド)」(全長約370メートル、船幅51メートル、最大積載数13,892TEU(注1))が、横浜港本牧ふ頭D4コンテナターミナルに初めて入港し、同船の初入港を記念した歓迎式典において記念品の贈呈などが行われました。
     同船は、CMACGM社が運航する中南米航路「ACSA1(アクサワン)」に投入されており、本牧ふ頭に寄港するものとしては過去最大の14,000TEU型のコンテナ船になります。
     なお、同航路に投入されている13,000TEU型の船についても、順次、本牧ふ頭D4コンテナターミナルに入港しています。
     今後も横浜港では、アジア諸港におけるコンテナ取扱量の急増、スケールメリットを追求するためのコンテナ船のさらなる大型化や、船社間のアライアンスの再編等により寄港地の絞り込みが進展している中、大型船の入港や増加する貨物に対応するための取組を進めてまいります。

     (注1) TEU:20フィートで換算したコンテナ個数

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369