ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 8月 > 国内最大水深・高規格コンテナターミナルである横浜港南本牧ふ頭MC4コンテナターミナルが8月7日に暫定供用を開始します!

記者発表資料

2020年08月04日

  • 国内最大水深・高規格コンテナターミナルである横浜港南本牧ふ頭MC4コンテナターミナルが8月7日に暫定供用を開始します!

    関東地方整備局
    横浜市港湾局
    横浜川崎国際港湾株式会社

     横浜港南本牧ふ頭MC4コンテナターミナルは、令和2年7月末に岸壁及びヤードの整備が概ね完了し、本年8月7日より暫定供用を開始します。
     横浜港は年間約8千万トンの外貿貨物、約300万TEU(※)のコンテナを取り扱う国内有数の港であり、私たちの暮らしを支えています。
     横浜港の主力ふ頭の一つである南本牧ふ頭では、コンテナ船の大型化や船社間の連携による航路の再編など情勢が変化する中、大型船の入港や増加する貨物に対応するため、我が国最大唯一となる水深18メートルの耐震強化岸壁を備えたコンテナターミナルの整備を進めてまいりました。
     この度、MC4が運用を開始することで、MC3・4は水深18メートル、延長900メートル連続バースとして世界最大級のコンテナ船に対応できる国内最大水深を有する高規格コンテナターミナルとなります。さらに、MC1~4のすべてのターミナルの一体利用が可能となります。多方面の航路の船舶が船型やスケジュール等に応じて、施設全体を柔軟に利用できる画期的な運用が実現でき、高規格な施設能力を最大限に発揮できることとなります。
     なお、管理棟等を含む全体施設の供用開始は、令和3年春頃を予定しています。

    (※)TEU
    20フィート(コンテナの長さ)換算のコンテナ取扱個数の単位
    20フィートコンテナ1個を1TEUとして計算

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369