ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 5月 > 「道の駅」防災強化機能の取り組み~道の駅「いちごの里よしみ」への小型発動発電機の寄贈~

記者発表資料

2021年05月26日

  • 「道の駅」防災強化機能の取り組み~道の駅「いちごの里よしみ」への小型発動発電機の寄贈~

    大宮国道事務所

     国土交通省では、2020年からを「道の駅」第3ステージとして位置づけ、「地方創生・観光を加速する拠点」及び「ネットワーク化で活力ある地域デザインにも貢献」を実現するための取組をおこなっています。

     また、災害発生時における地域の防災拠点となる「道の駅」について、防災機能を強化するため、耐震化や無停電設備などの施設整備を推進しています。

     このたび、(一社)日本道路建設業協会関東支部と関東「道の駅」連絡会との連携により、埼玉県吉見町の地域防災計画に位置付けられた道の駅「いちごの里よしみ」に小型発動発電機が寄贈されることとなりました。

    寄贈式の概要
    日時:令和3年6月2日(水)14時00分~
    場所:道の駅「いちごの里よしみ」
    出席者:
     吉見町長 宮﨑善雄
     国土交通省 関東地方整備局 大宮国道事務所長 阿部俊彦
     一般社団法人日本道路建設業協会 関東支部支部長 杉崎匡孝

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369