ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 7月 > 新型コロナウイルス感染症の影響に対応するための沿道飲食店等の路上利用 埼玉県内の国管理国道で初となる道路占用許可~道路管理者として路上利用支援~

記者発表資料

2020年07月20日

  • 新型コロナウイルス感染症の影響に対応するための沿道飲食店等の路上利用 埼玉県内の国管理国道で初となる道路占用許可~道路管理者として路上利用支援~

    大宮国道事務所

     国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店等を支援する緊急措置として、沿道飲食店等の路上利用の占用許可基準を緩和したところです。
     この基準緩和により、大宮国道事務所が管理する国道17号で、7月17日に占用許可を行いました。
     この占用許可は埼玉県内の国管理国道で初めての事例となります。
     引き続き、道路管理者として新型コロナウイルス感染症対策の路上利用の支援を行ってまいります。

    ※今回の緊急措置に関する通知文書(基準)は、以下のホームページにおいて公表します。
    https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/senyo/senyo.html

    <占用許可の概要>
    占用場所:国道17号埼玉県熊谷市鎌倉町地先(歩道)
    占用物件:机2台、椅子4脚

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369