ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 7月 > 人為的に穴を開けられた街路樹(ケヤキ)を伐採します

記者発表資料

2020年07月17日

  • 人為的に穴を開けられた街路樹(ケヤキ)を伐採します

    大宮国道事務所

    1.概要
     令和元年5月9日(木)、緑地維持業者による点検を行っていたところ、国道17号新大宮バイパス(さいたま市西区三橋5丁目地先付近)において、歩道内のケヤキ2本が落葉している状況を発見しました。詳細に確認したところ、ケヤキの根元にドリルのようなもので空けられた穴が多数あり、その穴に白い粒状の薬剤(塩化ナトリウム系薬剤)が詰められていることが確認されました。
    【被害概要】
     ・樹種:ケヤキ
     ・被害箇所(1):樹高 約12メートル、幹周165センチメートル、根元に99箇所の穴
     ・被害箇所(2):樹高 約9メートル、幹周127センチメートル、根元に47箇所の穴
    2.今後の対応
     被害があった2本のケヤキについては、発見した時点で枯れ始めていたものの直ちに倒壊の恐れはなく、裸枝に新芽も見られたことから、樹勢回復を目指し、活力剤散布等の対策を講じながら、経過観察を継続しておりましたが、樹木医の定期診断において、2本中1本が枯損しており、撤去が必要との診断結果となりました。
     なお、残り1本については、これまで同様の対策を講じながら、今後も経過観察を継続していきます。
     枯れたケヤキをこのまま放置しておくと倒木の恐れがあるため、準備が整い次第、伐採作業を行います。

    伐採予定日:
     7月31日(金)小雨決行 雨天の場合は8月3日(月)に延期
    伐採作業の流れ:
     9時00分頃~ 準備開始
     9時30分頃~ 幹の切断
     10時30分頃 作業終了予定
     ※現地状況等により、作業内容や予定時間を変更する場合があります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369