ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 4月 > 国道17号 本庄道路 ○神流川橋が「令和4年内」に開通する見通し ~本庄道路初めての開通~ ○令和2年度内本庄市内において工事着手し整備を推進

記者発表資料

2020年04月13日

  • 国道17号 本庄道路 ○神流川橋が「令和4年内」に開通する見通し ~本庄道路初めての開通~ ○令和2年度内本庄市内において工事着手し整備を推進

    大宮国道事務所

     国道17号は、埼玉県と群馬県を結ぶ重要な路線で、地域の防災・震災時に緊急輸送道路として重要な役割を担っています。
     大宮国道事務所が整備を進めている本庄道路は、交通渋滞の緩和、事故対策、神流川橋の防災・震災対策、地域開発を目的としています。
     本庄道路では、埼玉・群馬の両県に架かる老朽化の著しい神流川橋(昭和9年架設[85年経過])の架け替えを優先的に進めております。
     この度、新たな神流川橋が「令和4年内」に開通できる見通しとなりましたのでお知らせします。これは、本庄道路で初めての開通となります。
     また、令和2年度に本庄市内(沼和田地区)において工事着手し整備を推進します。

    【国道17号本庄道路の開通予定区間】
     ■区間:埼玉県児玉郡上里町勅使河原~群馬県高崎市新町
     ■延長:約1.4キロメートル
     ■車線数:暫定2車線

     引き続き、工事安全対策に最新の注意を払いつつ、一日も早い開通に向け、最大限努力して参りますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
     なお、具体的な開通時期については、あらためて公表させていただきます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369