ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 国道16号さいたま市西区内野本郷地先における下水管損傷による歩道通行止めについて

記者発表資料

2019年10月24日

  • 国道16号さいたま市西区内野本郷地先における下水管損傷による歩道通行止めについて

    大宮国道事務所

     令和元年10月13日(日)、国道16号下り線の埼玉県さいたま市西区内野本郷地先において、歩道が陥没する事象が発生しました。即日、埋め戻しを行いましたが、令和元年10月23日(水)に再度同じ箇所で陥没を確認しました。この陥没によるけが人等の連絡はありません。
     本日、現地調査を実施し、荒川左岸南部流域下水道のマンホールからの漏水のため、陥没が発生した可能性が高いことが分かりました。
     流域下水道マンホールの復旧までに時間を要することから、歩道を通行止めにしています。
     また、車道への空洞の広がりがないことを確認していますが、車道についても1車線規制しています。
     今後、荒川左岸南部流域下水道と調整し、速やかに復旧してまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369