ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 9月 > 国道20号大月バイパスの開通見通しについて

記者発表資料

2020年09月17日

  • 国道20号大月バイパスの開通見通しについて

    甲府河川国道事務所

     大月バイパス(大月市大月二丁目(国道139号都留高校南交差点)~大月市大月町花咲(国道20号大月インター入口交差点))の開通時期の見通しについて、お知らせします。

    ○開通時期:令和4年(2022年)春頃
    ○開通箇所:国道20号大月バイパス
     大月市大月二丁目(国道139号都留高校南交差点)
     ~大月市大月町花咲(国道20号大月インター入口交差点)

     国道20号大月バイパス事業について、昨年10月に発生した台風19号により残土処分場への搬入路が被災・寸断されました。
     また、切土工事区間において、巨石が多数出現し掘削作業の施工効率が低下しました。
     このような状況を踏まえ、工程を精査した結果、大月バイパス(大月市大月二丁目(国道139号都留高校南交差点)~大月市大月町花咲(国道20号大月インター入口交差点))の開通見通しを「令和2年度(2020年度)末」から「令和4年(2022年)年春頃」に変更致します。
     一日も早い開通に向け、引き続き、安全に配慮しながら事業を進めて参りますので、ご理解、ご協力をお願い致します。

     国道20号大月バイパスは、平成19年度までに約1.7キロメートルが開通しており、現在は、大月市大月二丁目(国道139号都留高校南交差点)~大月市大月町花咲(国道20号大月インター入口交差点)までの区間約1.5キロメートルの整備を進めています。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369