ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 11月 > 国道468号首都圏中央連絡自動車道において「フレームワークモデル工事」による工事発注を試行します。(一般土木C+B等級工事)

記者発表資料

2021年11月18日

  • 国道468号首都圏中央連絡自動車道において「フレームワークモデル工事」による工事発注を試行します。(一般土木C+B等級工事)

    北首都国道事務所

     技術者の確保や労働力、資機材の調達が困難である等の工事内容や地域特性を踏まえ、競争参加者が少数と見込まれ、技術的難易度が比較的低い工事について、受発注者双方の施工体制確保を図る必要があることに鑑み、該当する複数の工事(フレームワーク)について、予め参加希望者の意思を確認し、施工能力を審査した上で、特定工事参加企業名簿を作成、その中から複数の工事参加者を指名する「フレームワークモデル工事(総合評価落札方式)」を試行します。

     今回公表する案件に係わる発注予定情報の公表及び参加意思表明等の申請受付については、北首都国道事務所ホームページ及び事務所掲示板にて公表しています。

    北首都国道事務所
    「フレームワークモデル工事(総合評価落札方式)の試行」ホームページ
     https://www.ktr.mlit.go.jp/kitasyuto/kitasyuto_index061.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369