ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 3月 > デジタル技術によるニューノーマルな建設工事を目指して!~国の機関として初めてのローカル5G無線局免許取得~

記者発表資料

2021年03月18日

  • デジタル技術によるニューノーマルな建設工事を目指して!~国の機関として初めてのローカル5G無線局免許取得~

    関東地方整備局
    企画部

     国土交通省が国の機関として初めてとなる屋外のローカル5G無線局免許を本日、取得しました。今回の免許取得に伴い、インフラDXの推進に向けて、建設工事の無人化施工、河川管理・道路管理の高度化や災害対応、ドローンやAI技術を活用した施工管理等でのローカル5Gの活用を進めます。

     国土交通省では、建設工事の無人化施工により、テレワークでの建設工事や安全で快適な労働環境といったニューノーマルな施工現場を目指しています。無人化施工を強く推進するため、屋外実証フィールドを整備しており、実証フィールドで建設機械の通信に必要となるローカル5G無線局について、使用周波数帯拡張の制度化当日に、総務省へ無線局免許申請を行い、本日無線局免許取得となりました。

    1.無線局免許取得日
     令和3年3月18日(木)
    2.申請概要
    (1)設置場所
     国土技術政策総合研究所内(茨城県つくば市)
     関東地方整備局 関東技術事務所内(千葉県松戸市)
    (2)取組内容
     国土技術政策総合研究所及び関東地方整備局関東技術事務所(人材育成センター:4月設置予定)にローカル5G環境を屋外に整備し、建設機械の無人操作を行う。
    (3)希望周波数帯
     4.8GHz~4.9GHz(Sub6)
    「ローカル5Gとは」
     ・地域や産業の個別のニーズに応じて、地域の企業や自治体等の様々な主体が、自らの事業のために利用できる5G無線通信システム
    「Sub6とは」
     ・5Gで利用可能な周波数帯のうち6GHz帯に近い周波数帯のこと。
      ミリ波帯(28GHz帯)と比較すると遮蔽物に強く電波到達性が高い。

    〈添付資料〉
    (1)国土交通省 国の機関として初めてのローカル5G無線局免許取得
    (2)インフラ分野のDX(デジタル・トランスフォーメショション)の推進

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369