ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 8月 > 建設現場の3密対策と生産性向上を図る革新的技術を募集します

記者発表資料

2020年08月05日

  • 建設現場の3密対策と生産性向上を図る革新的技術を募集します

    関東地方整備局
    企画部

     国土交通省では、全ての建設生産プロセスでICT等を活用するi-Constructionを推進し、建設現場の生産性を2025年度までに2割向上させることを目指しています。
     新型コロナウイルス感染症対策を契機に、これまでの取組を超えて、公共事業について、様々な知見を結集し、ロボット技術等を活用したIot、AIをはじめとする新技術を試行することによって、建設現場の省人化を図るための研究開発について公募を行います。
     募集対象者は、民間企業(ベンチャー企業を含む)、大学・研究機関等の他建設業者から広く募集するもので、個社やコンソーシアムによる参加も可能としております。

    1.公募対象技術
     次の対象技術I又はIIの技術を公募します。
     なお、提案された技術については、現場実証もしくは研究フィールドで試行し、今後建設現場への自律ロボット等の先進技術導入を促進します。

     対象技術I:人協働型のロボットによる現場内運搬の省人化技術
     対象技術II:非衛星測位環境下におけるUAV計測及びAPIによる現場計測の省人化技術

    2.公募スケジュール
     令和2年8月5日 公募開始
     令和2年9月4日 公募締切
     令和2年9月下旬(予定) 審査結果公表・通知

    ※本公募に関する詳細は、下記の国土交通省関東地方整備局HPに掲載しております。
    https://www.ktr.mlit.go.jp/iconst/iconst00000008.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369