ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 6月 > 「第1回コンストラクション・オープンイノベーションマッチング」としてオンラインによる個別商談を開始します!

記者発表資料

2020年06月26日

  • 「第1回コンストラクション・オープンイノベーションマッチング」としてオンラインによる個別商談を開始します!

    関東地方整備局
    企画部
    経済産業省 関東経済産業局
    独立行政法人中小企業基盤整備機構

     関東経済産業局(以下、関東経産局)、関東地方整備局(以下、関東整備局)及び中小企業基盤整備機構関東本部(以下、中小機構関東本部)は、建設分野において中堅・中小企業の革新的な技術の活用を促進する「第1回コンストラクションオープンイノベーションマッチング」として69社120件の個別商談をオンラインにて開始します。

     関東経産局、関東整備局、及び中小機構関東本部は、幅広い分野において、中堅・中小企業が有する革新的な技術(AI、IoT、ロボット等)の現場実装を図るオープンイノベーションに関する取組を推進しています。
     このたび、三者連携による初の取組として、国民の生活・安全を守る「防災・災害対応、復興等」の分野に、中堅・中小企業の革新的な技術の活用を促進する「第1回コンストラクションオープンイノベーションマッチング」を開始します。
     令和元年11月より、「i-Construction」(国土交通省)及び「オープンイノベーション・マッチングスクエア(以下、「OIMS(オイムス)」という。)」(中小機構のビジネスマッチングサイト「ジェグテック」内に開設)を通じ、関東整備局が有するニーズに対する提案を募集したところ、様々な分野の中堅・中小企業から161社331件の応募がありました。このうち120件の提案について、69社の企業と関東整備局管内の23機関が、6月26日から1か月程度で順次オンラインにて個別商談を実施していきます。
     有望な提案には現場実証(試行現場)の提供等を行い、評価等を通じて異分野技術を建設現場に取り入れるべく、関東整備局での発注工事等による新技術の活用導入を図る予定です。
     なお、「第2回コンストラクションオープンイノベーションマッチング」については、「インフラ維持管理」分野に関するニーズに対し、中堅・中小企業からのシーズを募集する予定です。

    【関連情報】
    ◆オープンイノベーション推進に係る取組について
    (関東経産局HPへ)
    https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/open_innovation/index.html

    ◆現場ニーズと技術シーズのマッチングについて
    (関東整備局HPへ)
    http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/gijyutu00000191.html

    ◆「オープンイノベーション・マッチングスクエア(OIMS)」について
    (ジェグテックサイトへ)
    https://jgoodtech2.smrj.go.jp/lp/oi-matchingsquare

    ◆ジェグテックについて
    (中小機構HPへ)
    https://jgoodtech.jp/pub/ja/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369