ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 12月 > 「建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)」の要求性能に対する意見募集を行います 〜新技術の活用に向けて〜

記者発表資料

2019年12月12日

  • 「建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)」の要求性能に対する意見募集を行います 〜新技術の活用に向けて〜

    関東地方整備局
    企画部

     一般財団法人 国土技術研究センター(以下「JICE」という。)では、新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にむけて、『建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)』の要求性能に対する意見を、本日から12月27日(金)まで募集します。
     ※「テーマ設定型(技術公募)」:現場ニーズに基づき募集する技術テーマを設定し、民間等の優れた新技術を公募して実現場で活用・評価を行う方式

     大規模な土工工事となる高規格堤防を含む河川堤防の整備において、建設発生土を有効活用することは、環境への負荷を低減するとともにトータルコストの縮減が期待されます。しかしながら、建設発生土は盛土材料としての品質を必ずしも満足するものではないため、必要に応じて改良・無害化(不溶化)を実施しています。建設発生土や現場の状況に適した改良・無害化(不溶化)技術を選定するために、性能評価項目及び試験方法を設定した上で、同一条件下で試験を実施し、諸元表としてまとめる必要があります。
     本募集は、新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にあたり、そのプロセスの一環として「建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)」の性能評価項目及び試験方法の設定にあたり意見募集するものです。
     なお、本技術の「テーマ設定型(技術公募)」の実施は、平成30年6月末に第三者機関等として選定されたJICEが行うものです。

    「建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)」実施機関
    (一財)国土技術研究センター(JICE)
     電話03-4519-5001(河川政策グループ)
     FAX:03-4519-5011
     E-mail:netis-hasseido@jice.or.jp
    ※意見募集要領等の取得および公募に関するお問い合わせは、実施機関ホームページ(http://www.jice.or.jp/)若しくは上記連絡先までご連絡ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369