ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 3月 > 「道路附属物(標識、照明施設等)の支柱路面境界部以下の変状を非破壊で検出できる技術」の技術選定結果について~新技術の活用に向けて~

記者発表資料

2019年03月20日

  • 「道路附属物(標識、照明施設等)の支柱路面境界部以下の変状を非破壊で検出できる技術」の技術選定結果について~新技術の活用に向けて~

    関東地方整備局
    企画部

     一般財団法人国土技術研究センター(以下「JICE」という。)では、『道路附属物(標識、照明施設等)の支柱路面境界部以下の変状を非破壊で検出できる技術』について、平成31年2月4日~2月22日まで技術公募(テーマ設定型(技術公募))を実施し、応募のあった技術について、本文資料(PDF)別添の6技術を選定したので、お知らせします。

     今回選定された技術は、現場での技術検証段階に移り、その評価結果については、関東地方整備局新技術活用評価会議で審査のうえ、NETIS維持管理支援サイトにて公表する予定です。

    1.選定結果
     本文資料(PDF)別紙のとおり
    2.選定結果の公表等
     実施機関ホームページ(http://www.jice.or.jp/)にて公表します。
     ※実施機関ホームページには、選定結果以外に公募要領、要求性能評価項目等が掲載されています。
     なお、本技術の「テーマ設定型(技術公募)」の実施は、平成30年6月末に第三者機関等として選定されたJICEが行うものです。
     (一財)国土技術研究センター(JICE)
      電話03-4519-5005(技術・調達政策グループ) FAX:03‐4519‐5015
      E-mail:netis‐[email protected]
     ※公募に関するお問い合わせは、実施機関ホームページ(http://www.jice.or.jp/)もしくは上記連絡先までご連絡ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369