ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 9月 > 減災に向けた更なる取組の推進! 自治体職員対象の排水ポンプ車等操作講習を実施します。

記者発表資料

2020年09月24日

  • 減災に向けた更なる取組の推進! 自治体職員対象の排水ポンプ車等操作講習を実施します。

    京浜河川事務所

     国土交通省では、災害発生時において迅速かつ確実に災害復旧を行うため、排水ポンプ車などの災害対策用機械を配備しており、令和元年東日本台風の際は、全国の排水ポンプ車が出動しました。
     京浜河川事務所管内の多摩川流域でも甚大な被害が発生したため、今後の治水対策の方向性として関係機関が連携し『多摩川緊急治水対策プロジェクト』を取りまとめ、その一環として自治体職員を対象とした排水ポンプ車等操作講習を令和2年1月29日に開催をしたところです。
     今回は、参加自治体を鶴見川・相模川流域自治体へ拡充を図り、減災に向けた更なる取組の推進を図ることを目的として、排水ポンプ車等操作講習を以下の通り行います。

     記

    日時:令和2年9月29日(火)、30日(水) 両日とも10時30分~16時30分※
    開催場所:大師河原防災ステーション(神奈川県川崎市川崎区大師河原1-1-15)
    講習内容(概要)
     (1)災害対策用機器の派遣の手順(資料配付のみ)
     (2)京浜河川事務所 移動式排水設備貸付の手順(資料配付のみ)
     (3)実機を用いた操作訓練
    参加者:自治体職員 約90名
     ※新型コロナ感染拡大防止のため、1回の講習の時間及び参加人数を制限し、複数回実施します。(詳細については、本文資料(PDF)別添資料をご覧ください)

    『多摩川緊急治水対策プロジェクト』
    https://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin00958.html

    【取材について】
     訓練当日は取材可能ですが、事前登録が必要です。
     取材を希望される場合は、講習会前日17時00分までにご連絡の上、当日直接会場にお越し下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369