ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 1月 > 令和元年10月多摩川流域の水害を踏まえた「多摩川緊急治水対策プロジェクト」を開始します。 〜地域が連携し、河川における対策、流域における対策、ソフト施策の組合せにより社会経済被害の最小化を目指す〜

記者発表資料

2020年01月31日

  • 令和元年10月多摩川流域の水害を踏まえた「多摩川緊急治水対策プロジェクト」を開始します。 〜地域が連携し、河川における対策、流域における対策、ソフト施策の組合せにより社会経済被害の最小化を目指す〜

    多摩川下流部右岸・多摩川下流部左岸・
    多摩川上流部大規模氾濫減災協議会
    多摩川下流部減災対策部会

     令和元年台風第19号において、甚大な被害が発生した多摩川流域における今後の治水対策の取組として、関係機関が連携し、
    「多摩川緊急治水対策プロジェクト」をとりまとめました。今後、国、都、県、市区等が連携し、社会経済被害の最小化を目指します。

    「多摩川緊急治水対策プロジェクト」の概要
    ○以下の3つを柱として取り組んでいきます。
     (1)被害の軽減に向けた治水対策の推進(河川における対策)
     (2)地域が連携した浸水被害軽減対策の推進(流域における対策)
     (3)減災に向けた更なる取組の推進(ソフト施策)

     ※詳細については、本文資料(PDF)別紙をご覧ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369