ホーム > 記者発表資料 > 令和2年 > 4月 > 令和2年度 鹿島港湾・空港整備事務所の事業概要について

記者発表資料

2020年04月30日

  • 令和2年度 鹿島港湾・空港整備事務所の事業概要について

    鹿島港湾・空港整備事務所

     令和2年度の鹿島港湾・空港整備事務所の主な事業概要は以下のとおりです。

    1.鹿島港については、近年の貨物船の大型化等に対応するとともに大規模地震に対する耐震性能を有する新たな国際物流ターミナルを整備しており、令和2年度は、防波堤(南)のケーソン製作、据付等を実施する予定です。
     また、洋上風力発電設備の効率的な輸送・建設を可能とし、洋上風力発電の導入促進を図るため、岸壁の整備、地耐力強化等の港湾施設の整備を行う予定であり、令和2年度は、岸壁(水深12メートル)の設計及び整備を実施する予定です。

    2.茨城港常陸那珂港区については、北関東地域の玄関口として経済・交流活動を支える重要な港湾であり、北関東自動車道の開通も相まった海上輸送需要の増大に対応するため、国際海上コンテナターミナル及び国際物流ターミナルを整備しており、令和2年度は、防波堤(東)のケーソン製作、据付等を、中央ふ頭地区岸壁(水深12メートル)のケーソン製作、据付等を実施する予定です。

    3.百里飛行場(茨城空港)については、重要インフラの緊急点検結果を踏まえ、排水施設に係る設計値を見直したところ、既存の排水施設での能力が不足するため、令和2年度は、排水施設改良のための設計を実施する予定です。

    ※ここに示す事業計画等は現時点における予定であり、今後変更される場合もあります。
     鹿島港湾・空港整備事務所ホームページURL
      https://www.pa.ktr.mlit.go.jp/kashima/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369