ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 11月 > 被災した河川・道路等の迅速な復旧を支援します ~令和元年台風第19号の暴風雨による被害の災害査定を開始~

記者発表資料

2019年11月11日

  • 被災した河川・道路等の迅速な復旧を支援します ~令和元年台風第19号の暴風雨による被害の災害査定を開始~

    関東地方整備局
    財務省 関東財務局

     国土交通省関東地方整備局、財務省関東財務局では、令和元年台風第19号の暴風雨により被災した地域の早期復旧に向け、「公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法」に基づき申請があった公共土木施設を対象に、11月12日(火)から災害査定を開始します。これにより、被災した施設の本格的な復旧が進みます。
     今後、申請のあった公共土木施設を対象に順次災害査定を実施します。

    ○災害査定実施先及び日程
     令和元年11月12日(火)~:茨城県、山梨県、長野県
     令和元年11月19日(火)~:群馬県
     令和元年11月22日(金)~:栃木県

    ○公共土木施設の災害査定は、主務省である国土交通本省及び関東地方整備局職員による査定官と、財政を所管する立場から関東財務局職員による立会官が実施します。

    ○現地取材について
     ・報道関係者に限り現地での取材は可能です。
     ・取材場所及び現地日程は、各県にて調整中です。現地取材等に関するお問い合わせは各県の担当窓口へお願いします。(本文資料(PDF)別紙)
     ・現地での取材に当たっては安全に留意し、災害査定の支障にならない様、現地担当者の指示に従ってください。
     ・現地での移動は各自でお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369