国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
関東技術事務所ホーム > NETIS(新技術情報提供システム) > 新技術の申請手続き・相談窓口 > 新規登録申請

NETIS(新技術情報提供システム)

  • 新技術の申請手続き・相談窓口

    新規登録申請

     新技術情報の登録については規定の書式による申請と必要に応じ技術内容に関するヒアリングを行います。
    詳しい内容については下記フロー図をよく読んで、必要書式を入手してください。
    新規申請をされる場合は必ずマニュアルを確認して下さい。

    ※実施規約(様式1参照)と実施要領はNETISホームページにて確認してください。

    新技術フロー

    新技術申請に関わる書類提出について

    はじめに
    NETISの各記載内容は、下記「マニュアル」を十分に理解した上で、申請書類を作成して下さい。

    1.申請書(様式1)
    2.技術概要説明資料(様式2)
    3.詳細説明資料(様式3)
    4.比較表(様式4)
    ※様式1~4はNETISのホームページより、様式を入手してください。
    5.その他参考資料
     補足資料として、従来技術の妥当性を示す根拠資料、自ら定めた任意の技術的事項の妥当性を示す根拠資料、施工実績データ、第三者機関による審査証明、学術論文、自社の試験データ等を添えて提出して下さい。ただし、客観性および再現性のないものは認められません。 
    6.電子媒体資料目次
    7.電子媒体資料
     上記2~5と6の内容を電子化しCDもしくはDVDに格納した物及びウィルスチェック確認報告書(資料K-4)

    マニュアル等のダウンロード

    ※(旧)マニュアル
      こちらは旧入力システムのマニュアルとなります。
      記載事項等は共通となります。

    申請書類作成マニュアル(旧NETIS申請版)[PDF:1195KB]
    書き方のポイント 様式2[PDF:133KB]
    書き方のポイント 様式3[PDF:1767KB]
    書き方のポイント 様式4[PDF:75KB]

    2.ウィルスチェック確認報告書(資料K-4)

    資料K-4[Excel:36KB]

    3.電子媒体資料目次

    電子媒体資料目次[Excel:10KB]

    留意事項について

    ・既申請技術の管理について
     新技術の申請について、同じ組織で過去に申請したことのある技術かどうかをもう一度確認してください。担当者の移動や組織改編などで既に申請されている技術(既に掲載終了した技術を含む)を再度申請されるケースが増えています。新技術申請の管理を徹底していただき、申請前には一度NETISで検索されることをお薦めします。

    ・申請について
     NTEIS申請は原則、申請者所在地の管轄地方整備局の技術事務所で行います。なお、同一技術を複数の整備局で申請することは出来ません。

    ・申請者の義務について
     NETISは、申請者より提供のあった申請書式の記述内容をそのまま掲載しています。よって、情報内容に起因する係争等の責は、申請者にあります。登録内容についての詳細な確認および一般からの技術内容の問合せに対してはあくまで申請者に対応の義務があります。なお、新技術担当窓口では、係争などの問合せ対応には一切お答えしておりません。

    ・ヒアリングなどへの対応について
     国土交通省から申請技術に関してヒアリングや資料請求を求める場合があります。その際は、必ず対応してください。

    ・申請手続きの一時中止
     当方より申請者に対して、メール・電話等で連絡を行っても6ヶ月回答がない、もしくは修正する意思がないとみなされる場合は、申請手続きを一時中止します。なお、再開する時は、新規資料提出による申請となりますのであらかじめ、ご了承下さい。

    ・申請手続きの途中辞退について
     申請手続き中に辞退される場合は、速やかに新技術担当窓口へお知らせ下さい。

    ・技術情報の掲載について
     NETIS実施規約に基づく中止判断、あるいは申請者からの取り消し申請があった場合は、該当新技術情報の掲載を中止します。

国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
〒270-2218 千葉県松戸市五香西6-12-1 電話:047(389)5121