ホーム > 営繕 > 社会資本整備 > 一般庁舎整備 > 新宿労働総合庁舎
営繕

社会資本整備

  • 一般庁舎整備

    新宿労働総合庁舎

    sin1

    施設整備の概要

     新宿労働基準監督署の民借解消や新宿と六本木に分散していた外国人雇用支援業務施設、学生のための東京新卒応援ハローワークを集約し、バリアフリー化や環境性能の向上などの施設機能の高度化、来庁者の利便性の向上を図ることを目的として整備した。
     本事業は、国土交通省として初となるBIM(Building Information Modeling)の導入試行プロジェクトである。東側は道路を挟んで、JR山手線等に面した高低差のある敷地であり、計画当初よりBIMによるシミュレーションにより、様々な角度から検証することで、電車内からの見え方や周辺との調和に配慮しつつ、良好な景観形成となるよう配慮したほか、環境解析にもBIMモデルを利用したシミュレーションを行い、多角的な検討について設計段階でフィードバックさせている。また施工段階でも建築と設備の干渉チェックや施工図の作成等、BIMモデルを活用し、その導入による効果や課題の検証を行った。

    建物の諸元

    所在地:東京都新宿区百人町4-4-1
    敷地面積:909 m2
    建築面積:592 m2
    延べ面積:3,503 m2
    構造階数:RC-6-1
    完成年度:平成25年度

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369