ホーム > 営繕 > 社会資本整備 > 一般庁舎整備 > 気象庁風洞検査棟
営繕

社会資本整備

  • 一般庁舎整備

    気象庁風洞検査棟

    気象庁風洞検査棟

    施設整備の概要

     気象庁風洞検査棟は、気象庁本庁舎の移転計画に伴い本庁内の施設うち風洞施設をつくば市に移転・整備するものです。
     風洞施設は、気象庁測器検定試験センターによる風速計等の測器の検定に使用するため、整備にあたっては、風洞設備という特殊な装置を使用して行われる検定に対応した建築・構造・設備計画を行っています。
     また、建物周囲を盛土の緑で覆うことで周辺環境と調和しつつ、建物への熱負荷低減及び風洞装置からの騒音対策も行っており、太陽光発電の設置と共に環境負荷低減をはかっています。

    建物の諸元

    所在地:茨城県つくば市長峰1-2
    敷地面積:316,348m2
    建築面積:1,394m2
    延床面積:1,369m2
    構造:鉄筋コンクリート造
    階数:平屋建
    完成年度:平成23年度

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369