ホーム > 都市・公園 > まちづくり > 下水道 > 下水道事業とは
都市・公園

まちづくり

  • 下水道

    下水道事業とは

    1.下水道事業とは 【しくみ】

    ●雨水や汚水が最終的に放流されるまでの道のり

    下水道のしくみ 下水道のしくみ
    ●下水管
     家庭や工場で発生した汚水や、道路に降った雨水は、下水管に流入します。下水管は、都市の地下に網目状に埋設されていて、汚水を下水処理場まで運び、雨水を河川等に運ぶ役目をしています。下水を運ぶ方式には、「合流式」と「分流式」の2種類があって、上記のように、汚水と雨水を別々の下水管で運ぶ方法を分流式といい、汚水と雨水を同じ下水管で下水処理場まで運ぶ方式を合流式と呼んでいます。

      ~合流式下水道と分流式下水道の長所と短所~
    合流式下水道と分流式下水道の長所と短所
      長所 短所
    合流式
     
    汚水処理を、浸水対策とを一体的に解決することができ、施工しやすい。 大雨のとき、一定流量を超えると、汚水が川や海へ流れ出すことがある。
    分流式 雨水と汚水が完全に分離されるので、合流式のように、汚水が川や海へ流れ出すことがない。 2本の管を埋めなければならないため、建設費が余計にかかる。
                 ※現在は、河川や海の環境を考え、「分流式」での整備が進められています。


    ●ポンプ場 
     
    下水管は下水を流すために、こう配をつけて埋められています。地面からあまり深くならないように、所々にポンプ場を設けて浅いところに汲み上げます。
     

    ●下水処理場
     下水処理場では、バクテリアなどの微生物が下水の汚れを食べることを利用して、下水をきれいに処理します。きれいに処理された下水は、河川や海などに放流されて自然の水循環に戻っていきます。
    下水処理場 下水処理場

    ●沈砂池
     
    処理場に運ばれた下水は、まず、沈砂池と呼ばれる池に入り、下水の中に含まれている大きなゴミや砂は、ここで取り除かれます。
    ●最初沈殿池
     
    大きなゴミや砂を取り除かれた下水は、最初沈殿池に入ります。この池をゆっくりと流れていく間に、沈砂池では沈まなかった小さなゴミや砂はそこに沈んで取り除かれます。
    ●反応タンク
     
    最初沈殿池を通った下水は、反応タンクに入ります。反応タンクでは、バクテリアや原生動物のような微生物の集まり(これを「活性汚泥」という)を下水に混ぜて、空気を吹き込みます。活性汚泥は、下水に溶けた空気を呼吸しながら水の汚れを食べ、増殖し、水はきれいになっていきます。
    ●最終沈殿池
     
    反応タンクで増殖した活性汚泥は、この最終沈殿池で沈み、取り除かれ、下水はきれいになります。
    ●高度処理
     
    きれいな水を守るため、水の汚れとなる有機物や窒素・リンをさらに取り除く処理を行う場合があります。
    ●消毒施設
     
    最後に、最終沈殿池の上澄み水を消毒してから、きれいになった下水処理水として河川や海に放流されるのです。
    ●汚泥処理施設
     
    最初沈殿池、最終沈殿池で底に沈殿したもの(汚泥)は、汚泥処理施設へ送られ、有効利用されています。

    2.下水道事業とは 【下水道の種類】

    ●公共下水道
     公共下水道は、市街地の下水(雨水と汚水)を収集排除する施設であり、施設及び管理などは原則として市町村が行います。汚水処理には、市町村独自の終末処理場で処理し、河川や海域などに放流する公共下水道と、流域下水道につないで処理する流域関連公共下水道があります。排水施設の大部分が地下に埋められている構造のものをいいます。

    ●流域下水道
     
    河川や湖沼、海などの公共水域の自然環境を守り、流域の生活環境の改善をはかるため、2つ以上の市町村にまたがって下水道の整備を行った方が効果的な場合に実施される下水道施設です(下図参照)。管理などは原則として都道府県が行います。

    管理は原則として都道府県が行います。 管理は原則として都道府県が行います。

    ●都市下水路
    おもに市街地の雨水を排除することにより浸水被害を防ぐ施設であり、設置及び管理などは原則として市町村が行います。

    3.下水道と他の汚水処理施設

     
    下水道法で定める下水道は『下水を排除するための設けられる排水管、排水渠その他の排水施設(かんがい排水施設を除く)、これに接続して下水を処理するために設けられるポンプ施設その他施設の総体をいう』と定義されています(第2条第2号)。
     下水道として整備を図るものとしては、同法第2条第3号に規定する「公共下水道」及び同条第4号に規定する「流域下水道」及び同条第5号に規定する『都市下水路』の3種類の下水道があります。
     下水道法上の下水道と同様に汚水を処理する類似施設としては、コミュニティ・プラントや農業集落排水事業、合併処理浄化槽等があります。

    下水道の種類 下水道の種類

     これらの施設については、それぞれの施設の特徴を活かしつつ、連携して整備・管理を行うことが重要であり、地域毎の特性を踏まえ、汚水処理施設全体として、計画的かつ効率的な整備・管理に努める必要があります。

    汚水処理施設の種類の概念図 汚水処理施設の種類の概念図
    集合処理と個別処理のコスト比較の概念図 集合処理と個別処理のコスト比較の概念図
    各汚水処理施設の整備事業等の比較 各汚水処理施設の整備事業等の比較

     ※出典:国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部HP

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369