ホーム > 都市・公園 > まちづくり > 公園 > 入札・契約 > 「国営東京臨海広域防災公園運営維持管理業務民間競争入札」 に係る落札予定者の決定
都市・公園

まちづくり

  • 公園

    入札・契約

    「国営東京臨海広域防災公園運営維持管理業務民間競争入札」 に係る落札予定者の決定

     「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(平成18年法律第51号)」に基づく民間競争入札を行った「国営東京臨海広域防災公園運営維持管理業務一式」については、下記のとおり落札予定者を決定しました。

    1.落札予定者の名称

    西武造園(株)・(株)NHKアート共同体
    (代表企業:西武造園株式会社、構成企業:株式会社エヌ・エイチ・ケイ・アート)

    2.落札予定金額

    186,550,000円(税抜)
     (注)業務履行期間(平成22年4月1日から平成25年3月31日の3年間分の額)

    3.落札予定者の評価値

    50.846点
     (注)評価値は、技術評価点及び価格評価点の合計値で、小数点4桁以下は切り捨て

    4.落札予定者決定の経緯及び理由

     「国営東京臨海広域防災公園運営維持管理業務民間競争入札実施要項」に基づき、入札参加者(6者)から提出された企画書について審査した結果、いずれも評価基準を満たしていた。
     入札価格については、1者が入札を辞退し、平成22年1月22日に開札した結果、5者が予定価格の範囲内であったことから、この5者について総合評価を行ったところ、上記の者が落札予定者となった。

    5.落札予定者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法の概要

     落札予定者が行う業務は、本業務全体の企画立案及びマネジメント業務、運営維持管理業務、植物管理業務の3業務である。
     これらの実施体制については、代表企業に総括責任者および植物管理業務責任者、構成企業に運営維持管理業務責任者等を配置し、関東地方整備局職員との密接な連携をとりながら業務に当たることとしている。
     実施方法については、「体験学習施設の利用者の確保」および「利用者満足度の向上」を図りつつ、発災時に向けた体制、訓練等を実施することとしている。
     また、「植物管理業務」の改善提案を取り込むことにより更に質の向上を図ることとしている。
     これらにより、広く国民に対して、さまざまな体験・学習・訓練を通じて防災への関心を高め、実際の災害に対応できる知識や知恵、技術、自助・共助の心を習得する場とするとともに臨海副都心の都市集積・集客性を生かした魅力ある空間を提供するものである。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369