• ちばこくホーム
  • 圏央道ちば館
  • 防災情報
  • 事業案内
  • コミュニケーション(皆さんと千葉国道がもっと親しくなるために)
  • 観光情報
  • 企業の方へ
  • 事務所のご案内
  • お問い合わせ
  • 工事中
ホーム事業案内事業の紹介(整備事業) > 国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)

国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)

 圏央道は、首都圏の交通混雑の緩和や地域の活性化を図ることを目的に計画された道路で、都心から半径40〜60kmに位置する総延長約300km(千葉県内約95km)の自動車専用道路です。千葉県内においては、平成19年3月に木更津東IC〜木更津JCT間の7.1kmが開通。その後、平成25年4月27日に東金JCT〜木更津東IC間の延長42.9km、平成26年4月12日に県境〜神崎IC間の延長0.9km※2、平成27年6月7日に神崎IC〜大栄JCT間の延長9.7km※2が暫定2車線で開通しました。
 引き続き、未開通区間の大栄JCT〜松尾横芝IC間について事業を推進していきます。

  
[千葉県内の計画概要]
路線名 一般国道468号
事業区間 県境〜大栄JCT※1
(自)香取郡神崎町
(至)成田市吉岡
大栄JCT 〜
松尾横芝IC
(自)成田市吉岡
(至)山武市松尾町谷津
松尾横芝IC 〜
東金JCT
(自)山武市松尾町谷津
(至)東金市丹尾
東金JCT 〜
茂原長南IC
(自)東金市丹尾
(至)茂原市石神
茂原長南IC 〜
木更津JCT
(自)茂原市石神
(至)木更津市犬成
計画延長 10.7km※2 18.5km 15.7km 21.6km 28.4km
標準幅員 22.0m 22.0m 23.5m 25.0m 23.5m
道路規格 第1種第2級 第1種第2級 第1種第2級 第1種第2級 第1種第2級
設計速度 100km/h 100km/h 100km/h 100km/h100km/h

※1 県境〜大栄JCT間は、常総国道事務所が担当しています。
※2 各区間延長の四捨五入の関係により、延長合計は0.1km合いません。

整備状況

整備状況

標準断面図

大栄JCT〜松尾横芝IC間

標準断面図

圏央道の機能と効果

首都圏の道路交通の円滑化

圏央道の機能と効果

沿線都市間の連絡強化と、沿線の地域づくりの支援、活性化

沿線都市間の連絡強化と、沿線の地域づくりの支援、活性化

災害時の緊急輸送路の確保

災害時の緊急輸送路の確保

事業位置図

事業位置図