ホーム > 防災 > 関東地方整備局の災害への取り組み > 小笠原諸島 福徳岡ノ場噴火に伴う漂流軽石への対応
防災

小笠原諸島 福徳岡ノ場噴火に伴う漂流軽石への対応

 福徳岡ノ場の噴火に由来する軽石が東京湾内に漂流した場合を想定し、多くの船舶が航行する東京湾の安定的な海上輸送を維持することを目的に、関東地方整備局では、海洋環境整備船等により日々ローテーションを組み海上での巡回を実施中です。
 なお、海洋環境整備船等は、平常時は東京湾等の閉鎖性海域において航路調査や浮遊ゴミ等の回収に従事しています。

記者発表資料

・2021年12月16日
東京湾での軽石漂流対策の訓練について
■国土交通省関東地方整備局では、軽石が東京湾内に漂流した場合を想定し、先月の館山港沖に続き、横須賀港沖(金田湾)にて海上軽石回収等の訓練を実施しました。
・2021年12月2日
館山港沖での軽石回収について
・2021年11月30日
東京湾への軽石漂流対策の訓練について
■多くの船舶が航行する東京湾に軽石が漂流することを防ぐため、国土交通省関東地方整備局は、館山港沖にて海上軽石回収の訓練を実施しました。
・2021年11月12日
小笠原諸島 福徳岡ノ場噴火に伴う漂流軽石への関東地方整備局の対応(第1報)~TEC-FORCEを派遣(出発式)~
 

TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)の活動

軽石漂流対策訓練動画

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369