国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
荒川上流河川事務所ホーム > 事務所の取組み > 治水 > 築堤整備事業 > 橋梁部周辺対策

事務所の取組み

  • 治水

    築堤整備事業

    橋梁部周辺対策

    橋梁部周辺対策(治水橋)

    荒川左岸治水橋周辺は、県道56号が通っており、局所的に堤防が低く洪水時には越水のおそれがあります。
    そのため、堤防の嵩上げと同時に県道56号横断箇所には暫定的な対策として、堤防の代わりとなる陸閘(ゲート)※を設置し、越水を防止します。
    工事は、令和3年2月中旬頃から令和4年3月末頃までを予定しております。

    ※陸閘(りっこう)とは
     陸閘は堤防の代わりとなる鋼製のゲートです。
     平常時は県道56号が通行出来るよう開けてありますが、洪水時にはゲートをスライドさせて閉鎖し、洪水をせき止めて住宅側にあふれないようにします。

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371