国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
横浜国道事務所ホーム > 無電柱化・路上工事 > 無電柱化事業(電線共同溝の整備)

無電柱化事業(電線共同溝の整備)

無電柱化の推進に関する法律

平成28年12月26日付けで災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図るため、無電柱化の推進に関し、基本理念、国の責務等、推進計画の策定等を定めることにより、施策を総合的・計画的・迅速に推進し、公共の福祉の確保、国民生活の向上、国民経済の健全な発展に貢献するためを目的とした「無電柱化の推進に関する法律」が定められました。

この法律第7条に基づき、無電柱化の推進に関する施策の総合的、計画的かつ迅速な推進を図るための「無電柱化推進計画」が策定さています。

無電柱化協議会

無電柱化は、関係省庁、関係事業者からなる「無電柱化推進検討会議」において合意された整備目標、費用負担等に基づき実施しており、具体の整備箇所は、各地方ブロックの「無電柱化協議会」において決定しています。

横浜国道事務所においては「神奈川県無電柱化地方協議会」において決定しています。
 

電線共同溝事業

電線共同溝は、道路の地下空間を活用して電力線、通信線等をまとめて収容する無電柱化の手法です。沿道の各戸へは地下から電力線や通信線等を引き込む仕組みになっています。

横浜国道事務所管内整備事例

横浜国道事務所管内無電柱化整備事例

街に張りめぐらされていた電線や歩道などに立ち並んでいた電柱が道路からなくなり、青空が広がるとともに、街並みがすっきりと美しくなります。

国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
〒221−0855 横浜市神奈川区三ッ沢西町13−2
TEL:045−311−2981(代表) FAX:045−316−3551