一般国道357号

東京湾岸道路

概要

湾岸地域に立地する諸都市、諸施設の機能の効率化に寄与し、神奈川の産業・経済の発展を支えます。

  東京湾岸道路は、東京湾周辺の横須賀、横浜、川崎、東京、千葉、木更津および富津等の諸都市を連絡する延長約160kmの幹線道路であり、内陸部の交通緩和を図るとともに、湾岸に立地する諸都市、諸施設の機能の効率化に資することを目的とした道路です。

  また、わが国の国際競争力強化のため、国際コンテナ戦略港湾や国際空港を支えるネットワークとして、物流の効率化に貢献します。

  東京湾岸道路は、自動車専用道路と一般道路(国道357号、14号、16号)で構成されています。このうち、国道357号は、千葉県千葉市から神奈川県横須賀市までの延長約80km(神奈川県区間は延長約35.1km)です。神奈川県内の国道357号は、昭和52年、昭和63年に川崎市川崎区浮島から横須賀市夏島町間が都市計画決定されました。

  昭和52年から事業に着手し、平成27年度までに、川崎市川崎区東扇島の延長約3.0km、横浜市鶴見区から金沢区間の延長約20.0km(市道区間延長約2.1km含む)の合計約23.0kmを順次暫定開通しています。


東京湾岸道路(横浜ベイブリッジ上空)

経緯

・昭和52年度 :都市計画決定(川崎市川崎区浮島町〜横浜市金沢区八景島)
・昭和53年度〜 :工事着手
・昭和55年度 :磯子〜夏島町区間一部供用
・昭和62年度 :磯子〜夏島町区間(金沢地区)供用(4車線)
・昭和63年度 :都市計画決定(横浜市金沢区八景島〜横須賀市夏島町)
・平成5年度 :柴航路橋供用(4車線)
・平成6年度 :東扇島地区供用(2車線)
・平成11〜13年度 :磯子〜夏島町区間(磯子地区)供用(4車線)
・平成16年度 :横浜ベイブリッジ供用(2車線)
・平成23年度 :磯子〜夏島町区間(福浦地区)供用(4車線)
・平成25年度 :本牧〜磯子区間(根岸地区)供用(4車線)
・平成27年度 :本牧地区供用(2車線)

計画平面図


東京湾岸道路パンフレットはこちら(PDF 9,843KB) PDF

開通後のストック効果(整備効果)

(※ストック効果:整備された社会資本が機能することによって継続的に得られる効果)

このページのTOPへ戻る