一般国道246号

山北バイパス

概要

  •  国道246号は、東京都を起点に神奈川県中央部を横断し静岡県に至る首都圏と東海地方を結ぶ重要な幹線道路です。
     静岡県境に近い山間部の酒匂川沿いの区間は道路の幅員が狭いうえ線形も悪く、特に山北町山北〜同町川西間については連続雨量150mm以上で通行止めとなる通行規制区間でもありました。
     このような交通状況を改善し、安全で豊かな私たちの暮らしを支援するために計画された山北バイパスは、全体を4つの区間に分け、昭和51年度から工事に着手しました。
     平成24年12月に向原地区(1.0km)が2車線で暫定供用した事により、バイパスが全線開通しました。

  • 山北バイパス

経緯

  • 諸渕地区
    ・昭和51年度 工事着手
    ・昭和54年度 (0.6km)4車線で供用
    谷峨地区
    ・昭和55年度 工事着手
    ・昭和62年度 (1.7km)2車線で暫定供用
    瀬戸地区
    ・昭和58年度 「樋口橋(右岸)〜鞠子橋」(2.3km)測量・調査等着手
    ・平成元年度 工事着手
    ・平成15年3月 (2.3km)2車線で暫定供用
    向原地区
    ・昭和50年度 神奈川県から国に移管
    ・昭和61年度 事業化
    ・平成3年度 地元住民への説明実施
    ・平成7年度 用地取得着手
    ・平成8年度 工事着手
    ・平成22年度 町道中里線開通
    ・平成24年度 (1.0km) 2車線で暫定供用
  • 安戸橋より長崎橋を望む

設計諸元

計画区間 足柄上郡山北町大字山北〜同町大字向原
規  格 第3種第2級
設計速度 60km/h
延  長 5.6km
車 線 数 4車線

山北バイパスパンフレットはこちら(PDF 2,701KB)PDF



開通後のストック効果(整備効果)

(※ストック効果:整備された社会資本が機能することによって継続的に得られる効果)

このページのTOPへ戻る