一般国道246号

向原地区

  •   一般国道246号の一次改築は、昭和39年度から神奈川県において計画され、秦野市〜静岡県境間は、昭和47年度に本事業区間である山北町向 原地区(1.0km)を除いて完成し、昭和50年4月に向原地区未改良のまま国土交通省(当時建設省)に移管されました。

      本事業区間は幅員狭小で線形も悪く、歩道も未整備のため、昭和61年度より事業化し、整備を進めていました。平成8年から工事に着手し平成24 年12月に供用されました。

    • 改良前

    • 改良後

山北バイパス「向原地区」パンフレットはこちら(PDF 2,719KB)PDF

このページのTOPへ戻る