一般国道246号

厚木秦野道路

概要

神奈川県内陸部の主要都市を東西に連絡する国道246号は、慢性的な渋滞が発生し、交通機能が大きく低下しています。厚木秦野道路は、バイパス効果により現道の交通の流れを円滑にするとともに、第一東海自動車道(東名)・第二東海自動車道(新東名)・さがみ縦貫道路などと一体となって広域的・地域的交通の役割を担う路線です。

経緯

・平成8年6月11日 都市計画決定
・平成10年度 事業化(伊勢原北IC〜伊勢原西IC)延長約4.1km
・平成10年6月16日 地域高規格道路の計画路線に指定。(厚木IC・JCT〜秦野西IC)延長約29.1km
・平成10年12月18日 地域高規格道路の整備計画に指定。(伊勢原北IC〜伊勢原西IC)延長約4.1km
・平成11年12月17日 地域高規格道路の整備計画に指定。(厚木IC・JCT〜厚木北IC)延長約3.6km
・平成13年度 事業化(厚木IC〜厚木北IC)延長約3.6km
・平成14年度 事業区間延伸(伊勢原市西富岡〜伊勢原北IC)延長約0.7km
・平成26年3月31日 地域高規格道路の整備計画に指定。(伊勢原西IC〜秦野中井IC)延長約5.2km
・平成26年度 事業化(伊勢原西IC〜秦野中井IC)延長約5.2km

設計諸元

計画区間 厚木市中依知〜秦野市八沢
規  格 第1種第3級
設計速度 80km/h
延  長 約29.1km
車 線 数 4車線

厚木秦野道路パンフレットはこちら(PDF 3,228KB)PDF

このページのTOPへ戻る