一般国道1号

新湘南バイパス

概要

  • 藤沢、平塚、茅ヶ崎、大磯を中心とする湘南地域では東西方向の幹線道路の不足や、相模川、金目川などの地形的な要因により、市内の各所で交通渋滞が発生しています。

    交通が集中する夏の海水浴シーズンには国道1号や国道134号の渋滞が著しく、その渋滞をさけようとする車が生活道路に入り込み、日常生活や安全面で支障となっています。

    新湘南バイパスは、藤沢・西湘バイパスを一つにつなぎ、茅ヶ崎・平塚地域の渋滞緩和を目的とする事業です。

  • 新湘南バイパス(茅ヶ崎海岸IC付近)

経緯

T期区間(藤沢市城南−茅ヶ崎市下町屋:8.4km)
・昭和63年3月 完成供用
U期区間(茅ヶ崎市下町屋−中郡大磯町大磯地先:6.7km)
・昭和63年9月 都市計画決定
・昭和63年度 茅ヶ崎西IC−茅ヶ崎海岸IC区間(1.8kmランプ部含む)用地着手
・平成3年度 同区間工事着手
・平成7年12月 同区間完成供用

設計諸元

計画区間 藤沢市城南〜中郡大磯町大磯
設計速度 80km/h
道路幅員 15.1km
延  長 約7.5km
車 線 数 4車線

新湘南バイパスパンフレットはこちら(PDF 2,461KB)PDF

このページのTOPへ戻る