渡良瀬川河川事務所ホーム > 砂防事業 > 大畑沢緑の砂防ゾーン

砂防事業

  • 大畑沢緑の砂防ゾーン

    大畑沢緑の砂防ゾーン 昭和62年 昭和62年

    足尾砂防えん堤の500メートルほど下流にあるのが、大畑沢です。
    足尾銅山の精錬工場から出る煙や山火事によって、山肌が荒れ果ててしまった大畑沢は、昭和40年頃から、砂防えん堤を始めとする砂防事業が進められました。しかし、まだまだ土石流災害に対して、不十分だったために、砂防えん堤の周辺に、クロマツ、ケヤキ、オオシマザクラなどの木々を植えて人口の森を作り、土砂が流れ落ちるのを防ぐことにしたのです。
    木々を植えることは、根が張ることによって山肌を強くすることにもつながり、こうして緑の砂防ゾーンができあがっていきました。また、最近では、国やNPOによる植樹活動が活発に行われた地区であり、以前とは見違えるほどの緑化に成功しています。

    大畑沢緑の砂防ゾーン 平成23年 平成23年
国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所
〒326-0822 栃木県足利市田中町661-3 電話:0284(73)5551