宇都宮国道事務所ホーム > 事務所のご案内 > 沿革(事務所のあらまし)

事務所のご案内

  • 沿革(事務所のあらまし)

    年度 事項
    昭和21年 利根川の維持管理を行っていた栗橋工事事務所桜井工場(埼玉県南埼玉郡桜井村大袋)が国道4号沿線に位置していたため、それまでの業務に加え、国道の維持管理を開始。
    昭和23年2月1日 道路整備の必要性から道路行政が重視されるに従い、古河国道改良事務所となり、名実ともに国道事務所として創立。
    昭和24年1月1日 名称を春日部国道工事事務所に変更。
    昭和25年5月1日 埼玉県南埼玉郡春日部町に移転。
    昭和25年7月28日 関東四号国道工事事務所に名称を変更。(担当区間は埼玉県越谷市から栃木・福島県境までの約152km)
    昭和33年度 宇都宮バイパスが着工され、事業の中心が栃木県内区間となる。
    昭和34年12月1日 現在の宇都宮市平松町504に事務所を移転。
    昭和39年7月1日 宇都宮国道工事事務所に名称変更。
    平成15年4月1日 宇都宮国道事務所に名称変更し、現在に至る。

国土交通省 関東地方整備局 宇都宮国道事務所
〒321-0931 栃木県宇都宮市平松町504 
電話028(638)2181(代表)