宇都宮国道事務所ホーム > 防災情報 > 災害対策用機械について

防災情報

  • 災害対策用機械について

    災害時の迅速な復旧を支援するため、災害対策用機械は活動します。

    災害対策用機械の概要

    対策本部車

    • 対策本部車(拡張型)の写真
    • 右向きの矢印
    • 対策部車(拡張型)を連結した写真

     災害発生時に現場へ出動し、対策本部として情報収集、復旧作業の指導、対策検討や他の機関との連絡等を行う拠点となります。
     衛星携帯電話・FAXを装備し、現場での発信・収集ができます。

    照明車

    • 照明車の写真
    • 右向きの矢印
    • 照明車の現場での活用

     夜間作業時に災害現場を明るく照らし、災害復旧などを安全に行えるようにするほか、避難所等の照明として設置することもできます。1給油あたり約26時間(全点灯時)の運転が可能です。

    待機支援車

    • 待機支援車の写真
    • 右向きの矢印
    • 待機支援車の内部の写真

     収納式ベッド、厨房設備を装備しており、災害現場で復旧作業に携わる人々の休憩、仮眠、宿泊施設として機能します。トイレ、暖房、エアコン等が装備されており、長期的な支援が可能です。

    Ku−SAT

    衛星小型画像転送装置

     災害時において地上回線が不通となった場合や、緊急通信・災害復旧通信等、災害現場との通信の確保が必要となったときに、災害現場から災害対策本部間の回線設定を行い、被災状況把握や復旧作業を円滑に行うために電話や被災地映像を配信する機能を持っています。

国土交通省 関東地方整備局 宇都宮国道事務所
〒321-0931 栃木県宇都宮市平松町504 
電話028(638)2181(代表)