トップ>都市再生事業>新宿駅南口地区基盤整備事業

新宿駅南口地区基盤整備事業

整備前の課題

全国最大級のターミナル駅である新宿駅は、1日あたりの乗降客が約350万人以上もあり、そのうち約43万人が新宿駅南口を利用されています。

新宿写真

1:新宿駅南口と駅前広場を介さず直結

一般国道20号(新宿跨線橋)と新宿駅南口は、駅前広場を介さず直結しています。

渋滞、接触事故が発生

駅前広場がなく、跨線橋上が客待ちタクシーや一般車の乗降場として利用されているため、一般車の通行の妨げとなっており、渋滞や接触事故の主な要因となっていました。

歩行空間の不足

一般国道20号(新宿跨線橋)は、東口地区と西口地区をつなぐ数少ない通路ですが、駅前広場がないため、南口前の歩道が駅利用者であふれてしまい、歩行者がスムーズにすれ違うことも困難な状況となっていました。

2:新宿跨線橋の老朽化

大正14年架設の新宿跨線橋

一般国道20号とJR路線との交差部に架設された新宿跨線橋(大正14年架設)は、80有余年が経過していました。

地震時の安全性の低下

新宿跨線橋の老朽化に伴い、近年想定されている首都直下型地震が発生した場合、道路の機能が確保されないことが指摘されていました。
また、跨線橋下を通過する電車への多大な影響が懸念されていました。

3:地下鉄副都心線開業に伴う歩行空間の不足

新宿三丁目駅とJR新宿駅間の歩行者増加により、さらなる歩行空間の不足が懸念

地下鉄副都心線の開業により、新宿三丁目駅とJR新宿駅を結ぶ一般国道20号の歩行空間の不足が懸念されていました。


そこで、東京国道事務所では、新宿駅を利用される方々が歩きやすい、ゆとりのある歩行空間創り、交通渋滞や交通事故の軽減に向けて、以下の取り組みを行ってきました。


新宿を中心とした快適空間の創出

新宿交通結節点整備

鉄道と高速バス、タクシーなどの連携をスムーズにする、総合的な交通結節点「バスタ新宿」として平成28年4月4日誕生しました。
            バスタ新宿

新宿交通結節点整備図

新宿跨線橋

老朽化した新宿跨線橋は、道路の幅が広く、耐震性に優れたものに架け替えました。
もっと詳しく知りたい

新宿跨線橋の変化

地下歩道

地下鉄副都心線「新宿三丁目駅」とJR「新宿駅」との連携機能の強化と回遊性の向上を図ります。
もっと詳しく知りたい

地下歩道

事業位置図

事業位置図

過去の整備状況の移り変わり

過去の整備状況の移り変わりがご覧になれます。