トップ>パンフレット>動画:道路工事

動画(道路工事密着)

東京国道事務所では、より多くの方々が都内の国道を快適に通行していただくため、各所にて適宜、工事を実施しています。
どのような内容の工事を、どのような流れで行っているのか、工事現場に密着して撮影した動画をご紹介します。

国道357号 荒川河口橋補修工事

湾岸地区の大動脈である国道357号(湾岸道路)の「荒川河口橋」。橋梁の基盤である「鋼床版」は、重交通によって疲労損傷が生じてしまっています。荒川河口橋の延命のため、「き裂調査」や「あて板設置」、「SFRC(鋼繊維補強コンクリート)打設」などを実施した工事に密着しました。
357号工事の流れ編
工事の流れ 編
(13分14秒)
357号定点観測
定点観測 編
(6分27秒)

国道246号 環境舗装施工(保水性舗装・遮熱性舗装)

夏期、都心部の温度が上昇する「ヒートアイランド現象」が問題になっています。そこで、国道246号(青山通り)の青山地区において、路面温度の上昇を抑制するため、打ち水効果で図る「保水性舗装」と、舗装表面に遮熱性樹脂を塗布して赤外線を反射させる「遮熱性舗装」の工事に密着して撮影しました。
246号工事の説明
工事の説明 編
(2分23秒)
246号保水性舗装ができるまで
保水性舗装ができるまで 編
(10分51秒)
246号遮熱性舗装ができるまで
遮熱性舗装ができるまで 編
(11分13秒)

国道 4号上野駅前交差点補修工事

国道4号上野駅前交差点は、アスファルト舗装が長年の車両の通行で劣化し、凹凸ができてしまっていました。重要な交差点のため、通行止めをするこがないよう、8日間に分けてアスファルト舗装を敷き直す「切削オーバーレイ工」に密着しました。
4号工事の流れ
工事の流れ 編
(9分59秒)
4号定点観測
定点観測 編
(4分45秒)

※上記PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。Get Adobe Reader