トップ>渋滞>一般国道14号 両国拡幅事業

一般国道14号 両国拡幅事業

一般国道14号は、東京都中央区から千葉県千葉市に至る延長約40キロメートルの主要幹線道路です。
一般国道14号東京都内区間の中で都市計画(6車線)の未整備区間である両国橋西詰〜江東橋西詰の間では、緑一丁目交差点、緑三丁目交差点等において主に朝と夕方を中心に渋滞が発生しています。
両国拡幅事業は、交通混雑の緩和、交通安全の確保、大規模地震時の緊急輸送道路の確保を目的とした中央区東日本橋二丁目から墨田区緑四丁目までの延長1.9キロメートルの現道拡幅事業です。

効果

1.交通混雑の緩和

車線数が現在の4車線から6車線に広がるので、道路交通の流れがスムーズになり、渋滞が緩和します。

2.交通安全の確保

道路交通の流れがスムーズになり、渋滞時の衝突事故等が減少し、道路利用者の安全が向上します。

3.大規模地震時の緊急輸送道路の確保

避難・救助をはじめ、物資の供給、諸施設の復旧等、大規模地震時の応急対策活動を広域的に実施するための緊急輸送道路として機能します。

計画

区間 中央区東日本橋二丁目〜墨田区緑四丁目
延長 約1.9km
標準幅員 35m
車線数 6車線
歩道幅員 5.0m
設計速度 60km/h
構造規格 第4種第1級

主な事業の経緯

昭和21年3月 都市計画決定
平成10年度 事業化
平成19年5月 事業計画説明会(計6回)
平成21年6月・7月 設計用地説明会(墨田区緑一丁目交差点区間・計3回)

位置図

中央区東日本橋二丁目〜墨田区緑四丁目

概略平面図

断面図

現況、計画断面図

道路交通の状況

両国拡幅の事業区間では、本区間がボトルネック(6車線から4車線に車線減少)となっているため、他の区間に比べ旅行速度が毎時約5〜6キロメートル速度低下するなど、交通渋滞が発生しています。

交通量と混雑時平均旅行速度の比較表
江東橋付近