トップ>地下空間事業>共同溝

共同溝

共同溝とは

共同溝はガス、電気、上下水道など、日常の生活に欠かせないライフラインを車道の下にまとめて収納する施設です。この共同溝を整備することにより、道路の掘り返し工事の防止、地震などの災害に強い都市づくり、ライフラインの安全性の確保、工事渋滞の軽減、環境の保全などが図られます。

共同溝の機能

1.道路の掘り返しを減らします。

ライフラインをまとめて収容するので、維持・管理が容易になります。日常の作業やメンテナンス、掘り返し工事が少なくなるので、道路工事が減少し、工事渋滞も緩和されます。それに伴い、工事渋滞による排気ガスの発生も少なくなります。

共同溝の機能図1

2.災害からライフラインを守ります。

平成7年の兵庫県南部地震では、一部で整備されていた共同溝内のライフライン被害は全くありませんでした。共同溝の整備を進めることで、安全・安心なライフライン網の整備を図ることが可能となります。

共同溝の機能図2

3.増加する都市のニーズに応えます。

将来のニーズを予測し、ライフラインの収容空間を確保しているため、将来にわたり掘り返し工事が抑制されます。工事空間を利用して、地下駐車場など他の施設との一体的な整備を行うことができます。

共同溝の種類

共同溝

Trunk Common Utility Duct
幹線のライフラインを車道の下にまとめて収容し、道路の掘り返しを防止します。

共同溝

供給管共同溝

Service Pipe Duct
一般家庭に直接供給する支線ライフラインを歩道下にまとめて収容し、歩道の掘り返しを防止します。

供給管共同溝

共同溝の整備状況

東京都区内の幹線道路約1,100キロメートルのうち135キロメートルで整備が完了。そのうち国が管理する国道では延長の約7割にあたる120キロメートルで完了しています。
現在、放射方向の共同溝として国道20号上北沢給田共同溝の整備を進めており、共同溝のネットワーク化を進めています。