国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
利根川水系砂防事務所ホーム > 砂防と防災 > 日光白根山

日光白根山

日光白根山

日光白根山の災害の歴史

日光白根山では有史以降、1649年、1872年、1873年、1889年に噴火がありました。
 日光白根山の周辺は、国内でも有数の観光・リゾート地となっています。
 火山活動が活発化すれば、大きな災害になる危険性を備えており、その予知と避難について日ごろから備えが必要とされています。

日光白根山の噴火警戒レベル

日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会

日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画の策定に向けて、学識者及び行政委員、関係自治体から構成される「日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」を設立しました。

「日光白根山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」配付資料
■第1回(平成31年2月22日)
議事次第[PDF:115KB]
出席者名簿[PDF:169KB]
配席図[PDF:310KB]
委員会設置趣意書[PDF:235KB]
委員会規約[PDF:469KB]
討議資料[PDF:9650KB]

議事概要[PDF:263KB]

国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
〒377-8566 群馬県渋川市渋川121-1