国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
利根川水系砂防事務所ホーム > 流域情報 > 片品川流域 > 片品川流域の火山・地形

流域情報

  • 片品川流域

    片品川流域の火山・地形

    群馬県の地形

     群馬県は、県土の約80%を山地丘陵地が占めており、そこを流下していく利根川本支川に沿って河岸段丘や沖積地が形成され、人々の生活の場となっています。
     一方、山地は非火山性山地と火山性山地から成り立っています。非火山性山地は、南西部の関東山地、北西部の三国・帝釈山地、東部の足尾山地などです。火山性山地は、群馬県の地形を特徴付ける重要な要素であり、第四紀に属する比較的新しい赤城、榛名をはじめ、武尊、子持、小野子、草津白根、浅間、鼻曲など多数の火山が、県中央部をほぼ北東から西南に横切って帯状に並んでいます。これらの山地の前山として岩井田、岩野田、丹生、小幡などの丘陵地が分布し、背後には日本海側と太平洋側とを分ける脊稜山脈がそそり立っています。標高にして100〜2,500mと大きい比高を示すこれらの山地は、群馬県の自然景観の美しさを構成し、特に成層火山はその景観的な秀麗さをもって、群馬県を代表しています。

    • 日光白根山 日光白根山
    • 武尊山(武尊牧場) 武尊山(武尊牧場)[写真:ビジュアルぐんま]
    • 赤城山 赤城山
    群馬県の地形

    片品川流域の地形の特徴

    ●上流部……山頂には開析が及んでおらず比較的若い地形。
    ●中流部……急峻な壮年期地形で山頂まで開析が進んでいる。
    ●下流部……火山斜面を開析した若い地形。

    片品川流域の地形の特徴
国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
〒377-8566 群馬県渋川市渋川121-1