国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
利根川水系砂防事務所ホーム > 流域情報 > 片品川流域 > 平成13年(2001)台風15号

流域情報

  • 片品川流域

    平成13年(2001)台風15号

     台風第15号は9月4日に南鳥島の南海上で発生し、威力を強めながら北上を開始し、9日、勢力は弱まったものの本州の南海上で北東に進路を変更し、11日9時半頃には神奈川県鎌倉市付近に上陸しました。その後、次第に弱まりながら台風は、東京都から茨城県北部を通って海上に抜け、12日15時には千島列島付近で温帯低気圧となりました。

    旧利根村の文化橋(片品川)の落橋 旧利根村の文化橋(片品川)の落橋(現:群馬県沼田市)

     この台風は東海から関東地方の山沿いで大雨をもたらし、奥日光(栃木県日光市)の895mmをはじめ、山沿いでは600mm〜800mmの期間降水量となったところがありました。平野部でも静岡市の320mmをはじめ、東京都千代田区の160mmなど200mm前後の大雨となったところが出ました。また、北海道は11日から12日にかけての大雨でオホーツク海側などの一部で200mmの期間降水量を越す地域もありました。
     群馬県内では、9月9日から11日にかけての激しい風雨によって各地で被害が相次ぎ、上信越自動車道では点検作業中の作業員2名が土砂崩れに巻き込まれ死亡、3名が負傷しました。さらに、吾妻川流域の嬬恋村では万座川に流された男性が行方不明に、また万座温泉へ通じる道路が不通となり、観光客ら780人余りが足止めされました。
    参考文献:「気象庁資料」

    台風15号での被害状況

    死者 3名
    行方不明者 1名
    負傷者 3名
    床上浸水 11戸
    床下浸水 111戸
    農業被害 123ha
      (群馬県下)

    台風の進路と天気図

    • 台風の進路
    • 天気図
国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所
〒377-8566 群馬県渋川市渋川121-1