利根川ダム統合管理事務所ホーム > ダムの情報 > 草木ダム

ダムの情報

  • 草木ダム

    渡良瀬渓谷の水を湛えた紺碧の湖面が、銅山街道沿いに広がります。

    草木ダムは、渡良瀬川に位置する重力式コンクリートダムで、昭和42年から水資源開発公団神戸ダム建設所(後に草木ダム建設所に改名)により建設が始まり、昭和52年に竣工し、水資源公団草木ダム管理所により管理を開始しました。
    ※「水資源開発公団」は平成15年10月1日より「独立行政法人 水資源機構」に改組されました。

    草木ダム上空写真

    ダムの目的

    1)洪水調節
    治水容量2,000万m3を利用し、ダム地点の計画高水流量1,880m3/sのうち1,240m3/sの調節を行います。

    2)流水の正常な機能の維持
    利水容量(洪水期3,050万m3、非洪水期5,050万m3)を利用して、既得用水の安定化及び河川環境の保全等のための流量を確保します。

    3)かんがい用水の供給
    利水容量(洪水期3,050万m3、非洪水期5,050万m3)を利用して、渡良瀬川沿岸の藪塚・板倉・佐野・大岩藤地区の新田に開発される農地に対するかんがい用水として、平均3.45m3/sの取水を可能にします。

    4)都市用水の供給
    利水容量(洪水期3,050万m3、非洪水期5,050万m3)を利用して、東京都・埼玉県・桐生市・佐野市の水道用水として7.04m3/s、東京都・群馬県・足利市の工業用水として1.88m3/sの取水を可能にします。

    5)発電
    東発電所・小平発電所・高津戸発電所の3発電所で最大61,800kWの発電を行います。

    ダムの主な諸元

    型式:重力式コンクリート
    堤体積:1,321千m3
    堤高:140m
    堤頂長:405m
    貯水池名:草木湖
    流域面積:254km2
    湛水面積:約2km2
    竣工:昭和52年

    洪水調節図

    草木ダム洪水調節図

    容量配分図

    草木ダム容量配分図
国土交通省 関東地方整備局 利根川ダム統合管理事務所
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町593-1 電話:027(251)2021