国土交通省 関東地方整備局 首都国道事務所
首都国道事務所ホーム > 外環千葉県区間 > 構 造

外環千葉県区間

  • 構 造

    千葉県区間の高速道路部は、当初高架構造で計画されていましたが、環境に配慮した掘割スリット構造に変更を行いました。

    掘割部を正面からみたイメージ図 《掘割部を正面からみたイメージ図》

    1.高速道路部
    広域的な通過交通を地域から吸収するとともに、他の地域への高速交通手段となります。

    2.国道部(国道298号)
    市内の街路と密接に連絡し、地域の南北方向の交通軸となるとともに、バス路線としても活用できるなど、まちづくりの骨格となります。

    3.環境施設帯
    歩行者や自転車の通行空間、地域内自動車交通のための副道、国道部(本線)との分離のための植樹帯等で構成されています。

    4.地下収容空間
    上下水道・ガス・電気・電話など暮らしに欠かすことのできない施設を収容します。

国土交通省 関東地方整備局 首都国道事務所
〒271-0072 千葉県松戸市竹ヶ花86