文字サイズ変更の仕方 音声読み上げについて

TOP  >  東京湾岸道路について【計画概要】


東京湾岸道路は、東京湾を取り巻く千葉県、東京都、神奈川県の海岸沿いを、千葉県富津市から神奈川県横須賀 市に至る延長約160km、幅員50〜100mの幹線道路です。また、広大な湾岸地域に点在する空港、港湾等の国際的業務機能をはじめとする物流拠点やオ フィス、生産拠点、レジャー施設などさまざまな都市機能の交流、連携を図る東京湾環状道路の一翼を担います。
首都国道事務所では、千葉県市川市二俣からの東京都江東区辰巳区間の16.4kmを担当しています。担当区間の慢性的な交通渋滞を緩和するために、主要な 交差点において、都市間交通を担う道路(3種部)の立体整備を進めています。





 
 
整備効果

【概要】

東京湾岸道路の機能

湾岸地域に点在する都市機能や都市開発プロジェクトを有効に機能させます。
外環などの主要幹線道路と連絡し、臨海部と内陸部の交通に対応する集散機能を果たします。


計画概要

全体延長 約160km(千葉県富津市〜神奈川県横須賀市)
幅員 50〜100m(一般道路と自動車専用道路を併設)
当事務所担当区間 約16.4km(千葉県市川市二俣〜東京都江東区辰巳)



平面部
立体部


[ホームに戻る]
免責事項・ プライバシーポリシー
Copyright (c) 2001-2010, 国土交通省 関東地方整備局 首都国道事務所 All Rights Reserved.