国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所
戻る
ページナビゲーションここから
>>トップページ > 工事進捗情報

工事進捗情報

相武国道事務所管内図
 

圏央道(国道468号)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)は、都心から半径およそ40km〜60kmの位置に計画された総延長約300kmに及ぶ環状自動車専用道路です。圏央道は東京郊外の都市と都市を結び、交通の流れをスムーズにし、東名、中央、関越、東北、常磐、東関東などの放射状の高速道路と結ばれ、首都圏の広域幹線道路網を形成します。

開通区間の空撮写真   >>進捗情報はこちら
高尾山
インターチェンジ
 

さがみ縦貫道路(国道468号)

圏央道の神奈川県区間の一部として位置づけられ、湘南・県央・津久井地域を直接結ぶことにより、神奈川県における大動脈を形成します。

現在の工事箇所   >>工事進捗情報はこちら
相模原
インターチェンジ
開通区間の空撮写真   >>進捗情報はこちら
中沢地区 葉山島地区 相模原愛川
インターチェンジ
 

八王子〜瑞穂拡幅 武蔵野橋(国道16号)

国道16号都内区間で残された松原地区(L=1.7km)の2車線区間の拡幅、多車線化を図り、ボトルネックを解消し、交通の円滑化を推進します。
なお、平成24年2月より、小荷田交差点から武蔵野橋北交差点間1.7kmが4車線にて開通し、あわせて武蔵野橋についても、旧橋から新橋への切替えを行いました。

現在の工事箇所   >>工事進捗情報はこちら
武蔵野橋
架け替え
       
 

八王子拡幅(国道16号)

国道16号八王子拡幅は、中野地区(L=1.3km)の2車線区間の拡幅、多車線化を図り、ボトルネックを解消し、交通の円滑化を推進します。

現在の工事箇所   >>工事進捗情報はこちら
稲荷坂南交差点
付近
       
▲このページの先頭に戻る


Copyright c 2008, 国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所, All Rights Reserved.

管内図