国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所
戻る
ページナビゲーションここから
>>トップページ >>事業紹介 >圏央道(国道468号)

圏央道(国道468号)

豊かな暮らしを創造する 人と自然にやさしい道 ― それが、「圏央道」です。

 圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から半径およそ40km〜60kmに計画された延長約300kmの高規格幹線道路です。       
 圏央道は、横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの都市を連絡し、東京湾アクアライン、東京外かく環状道路などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成する首都圏3環状道路の一番外側に位置する環状道路です。       
 この圏央道は、首都圏の道路交通の円滑化、環境改善、沿線都市間の連絡強化、地域づくり支援、災害時の代替路としての機能など多くの役割を担っています。




 

路線図

 

※クリックすると拡大します。
圏央道全体地図(クリックで拡大)

目標宣言

 

圏央道の目標宣言


最新の工事情報

 

圏央道

さがみ縦貫道路(愛川町〜都県境)



事業概要

 

圏央道概要図


 

圏央道城山八王子トンネル坑口部に
おける土砂崩落について

その他勉強会

 

八王子西インターチェンジのフルインターチェンジ化に関する勉強会について

   

整備効果(八王子〜あきる野)

 

圏央道に並行する道路の渋滞が緩和

圏央道に利用交通量が大きく増加

インターチェンジ周辺では地元雇用が増加


環境対策

 

八王子城跡トンネル

 

3環状リンク

 

3環状の整備効果

諸外国の環状道路


▲このページの先頭に戻る

Copyright c 2008, 国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所, All Rights Reserved.